医薬品は、医師の指示通りに服用していてもまれに健康被害が起きてしまう事があります。ネット購入は、峻絶健康被害のリスクがつきまとう上に、万が一の際にも救済がないというリスクもあるのデス。

 

無許可で販売することは違法ですから、薬事法違反で逮捕されます。個人輸入代行の業者も違法ではありませんが、覚えておきたいのは、輸入をしたバイアグラを日本国内で転売しようとする時は、商業目的なので「小口輸入」という分類となります。

 

この際は許可が必要です。つまり、医師の指導が必要な『医薬品』なのです。

 

素人判断で安易に口にして最善ものではありません。医薬品を個人輸入をする事自体は違法ではありません。

 

ですがそんな場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構という組織が整えた「医薬品副作用被害救済制度」という制度を使えば、障害や治療費などに対する年金が支払われます。しかしながらバイヤグラの服用は本来、併用禁忌する為の薬を確認し、用法用量を守って服用をしないといけないもの。

 

飲み合わせや飲み方次第では命に危険が及ぶ事もある薬デス。でも個人輸入をしたバイヤグラを飲んで健康被害にあった場合、医薬品副作用被害救済制度の適用外になり、公的救済機関は助けてくれません。